ベニバナイチヤクソウ (紅花一薬草)

ベニバナイチヤクソウは、最初は丸い玉がたくさん付いて、下から薄紅色の花が咲く野草です。イチヤクソウの仲間はあまり目立たないですが、ベニバナイチヤクソウは結構目立ちます。

分類

ツツジ目 / ツツジ科 / イチヤクソウ属

学名

Pyrola asarifolia subsp. incarnata

十勝平野

6月10日
6月14日

石狩平野

7月5日
6月27日

感想

ベニバナイチヤクソウは、イチヤクソウの中では背丈が高くて、大群落が目立ちます。同時期にジンヨウイチヤクソウも多く咲くのですが、こちらは背丈が短くて目立ちません。そのほかのイチヤクソウは、それほど群落にはならないです(地元だけ?)

また、標高1,000m前後の高地でも見ます。6月の代表的な野花と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました